EXHIBITION & EVENT

和井内洋介個展「A NEW SUBURBAN PICTURE」

和井内洋介さんが2011年から撮り続けている、ストリートビューに記録されたアメリカの郊外の写真。今回は3,500枚以上の写真の中から、特にお気に入りのものを展示。作家の藤野可織さんにそれぞれの写真から連想されるエピソードの書き出し部分だけを用意していただきます。それ以降のエピソードについては、会場に来ていただいた方々に、思い思いの発想で自由に繋げていただけたらと思っています。

 

また、ストリートビューで見つけたお気に入りの町のTシャツを勝手に作るシリーズ、今回はカリフォルニアの人口2,000ほどの小さな町、ボロンをテーマに作成いたしました。その他、郊外のショッピングセンターでの買い物にぴったりの、定番のsuburbトートバッグなども販売いたします。


和井内洋介(わいないようすけ)
1979年宮崎生まれ。郊外好きが高じて、2011年からストリートビューでアメリカの郊外や小さな町を巡る旅を開始。好きな写真集はビル・オーウェンズの『サバービア』。好きなCDはアーケイド・ファイアの『ザ・サバーブス』。
http://suburb.jp/

会期:7/7(金)〜7/17(月)

 

坂田焼菓子店クッキー販売
7/15(土)、16(日)、17(月)、和井内さんと同じく“郊外”好きと言う京都の坂田焼菓子店さんのクッキーを数量限定で販売します。また和井内さんが在廊する17(月)の12時からANITYAさんのクリームソーダが再登場します。
坂田焼菓子店

スペシャルイベント「行かずに撮ろう、アメリカの旅。」
7/17(月)の会期最終日、和井内さんと広島で活動する写真家・浅野堅一さんをお招きし、日本にいながらアメリカの旅を楽しむイベントを開催します。アメリカ郊外を愛する和井内さんがGoogleストリートビューを操作して、浅野さんが気になった場所でスクリーンショットで撮影。最後にMacのスライドショーを使って、BGMを流しながらみんなで思い出に浸るバーチャルなショートトリップ、ぜひご一緒に。


浅野堅一(あさのけんいち)
1979年広島生まれ。 DELTA PHOTOGRAPHY 代表
ポートレート、都市のランドスケープ、人の生きる場所・空間に着目した作品を中心に制作。企画展専門ギャラリー、Gallery Node共同運営。2014年より写真家 所幸則氏に師事。横川のアートイベントへの参加、個展、グループ展の開催多数。

【日時】2017/7/17(月)18:00~19:00(受付17:30より)
【料金】500円
【定員】20名
【会場】READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「和井内さんトークイベント」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2017-07-05 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed