EXHIBITION & EVENT

RUMINZ Solo Exhibition ”WHAT”

1960-70年代、米国フィラデルフィアで黒人向けラジオDJをしていたソニー・ホプソンという人物が居ました。彼のラジオ番組はシャープなFUNKやSOUL、そしてキレのある合いの手が飛び込む唯一無二のスタイル。今回の展示では彼が紹介したようなたくさんの黒人ミュージシャンや、それにまつわる作品を多数展示しています。
展示タイトルは彼の居たAM局「WHAT」より。フライヤーの絵は60年台後半のソニー・ホプソン。とにかく黒人音楽への偏愛に満ちた世界をお楽しみください。

 

RUMINZ (ルミンズ)
1986年生まれ。レコードジャケット・Tシャツのアートワーク・挿絵・フライヤーなど、主に音楽界隈で活躍中のイラストレーター。60~70年代頃の黒人音楽をモチーフに制作を続けている。Pヴァイン『V.A.: Kingston Bounce – Roots of Ska』CDジャケット(2017)、TOKYO CULTUART by BEAMS 『イン・ザ・シティ』vol.17片岡義男氏「それはいまでもブルースなのか」挿絵(2017)、中村ジョー&イーストウッズ『Bye Bye シティライツ』7インチアナログジャケット(2017)、 「カクバリズムの夏祭り」メインビジュアル(2016)、ペールワンズ BOCK TEEのアートワーク(2016-2017)など独自の作風で支持を得ている。 https://ruminz.tumblr.com

 

【9/2 土、3 日】 黒人風似顔絵 ”ブラックポートレイト”

どんな紳士淑女もソウルフルな一面を引き出して黒人風に描く似顔絵イベントです。

【日時】2017/9/2(土)、3(日)12:00~19:00(お一人様約20分)
【料金】2,800円
【会場】READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「ブラックポートレイト」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. ご希望の日にち 3.ご希望の時間帯(12:00〜18:40の間、20分ごと) 4. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2017-08-07 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed