EXHIBITION & EVENT

Looking at different things / Doing the same thing

雑誌、広告を中心に活躍する写真家・濱田晋さんの作品集『Looking at different things / Doing the same thing』。アートディレクター / グラフィックデザイナー・ 吉田昌平さんが主宰する「白い立体」より刊行されました。濱田さんがこれまで撮りためてきた写真作品のほか、ドローイング、立体作品をまとめた初の作品集の刊行を記念した展覧会を開催します。

濱田晋 Shin Hamada
1987年兵庫県生まれ。主な個展に2016年「それから and then」 (ON READING、名古屋)、2017年「思考の練習」(UTRECHT、 東京)「FIGHT FOR MY RIGHT」(About Life Coffee Brewers、 東京)ほか。雑誌、広告を中心に活躍。東京在住。
shinhamada.com

濱田晋 作品集刊行記念展
Looking at different things / Doing the same thing

会期:4/10(水)〜22(月)※初日作家在廊

2019-03-31 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

わたしをひらくしごと公開インタビュー

花屋、革職人、獣医師、ダンサー、デザイナー、冒険家 他の誰とも似ていない仕事・働き方をしている、「肩書き = 自分自身」という15人のインタビュー集『わたしをひらくしごと』(アノニマ・スタジオ刊)。唯一無二でオリジナルな仕事を創りあげている人たちに、それまでの道のりや仕事についての思いを取材したインタビューをまとめた1冊です。

このたび刊行を記念して、著者 野村美丘さんによる、READAN DEAT店主への“公開インタビュー”を開催いたします。広島で本屋をはじめるまでの経緯や、厳しい書店業界で「しなやかに意地を張る」というその想いの先など、本音トークの90分。様々なジャンルの人に話を聴いてきた野村さんの視点を通して、自分と仕事の関係を見つめ直したい人、人生や仕事について考えたい人、刺激をうけたり、共感を得たりする時間になると思います。

野村美丘(のむら・みっく)
1974 年、東京生まれ。『スタジオ・ボイス』『流行通信』の広告営業、デザ イン関連会社で書籍の編集を経て、現在はフリーランスのインタビュー、 執筆、編集業。文化、意匠、食、旅、犬猫、心と体、ルーツなど、自分の 生活と興味の延長上をフィールドに公私混同で活動中。 

清政 光博(せいまさ・みつひろ)
1981年広島生まれ。東京・下北沢の本屋B&Bと品川のエキナカ書店で2年間働いたのち2014年にリトルプレスや写真集、暮らしやデザインにまつわる本と、作家のうつわや民藝の品を扱う店、READAN DEAT(リーダンディート)をオープン。店内では企画展のほか、トークイベントやワークショップなども精力的に行っている。

日時:4/21(日)17:30〜19:00(受付17:00より)
料金:1,000円 ※当店で「わたしをひらくしごと」ご購入の方は半額
定員:30名
会場:READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「4/21公開インタビュー」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2019-03-25 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

トークイベント「生きるように働くすすめ」

“植物にとって、生きると働くが分かれていないように、私たちにもオンオフのない時間が流れている”

毎月10万人が閲覧する、求人サイト「日本仕事百貨」を運営するナカムラケンタさん初の著書『生きるように働く』には著者自身、そして求人の取材で出会った人たちが、芽を出し、枝を伸ばして、一本の木になっていくまでの話が綴られています。

今回、『生きるように働く』の刊行を記念した、ナカムラケンタさんのトークイベントを行います。新年度のはじめ、目に見える部分だけでなく、仕事の「根っこ」について考えてみませんか?

ナカムラケンタ
「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表取締役。1979年、東京都生まれ。明治大学大学院理工学研究科建築学修了。不動産会社に入社し、商業施設などの企画運営に携わる。居心地のいい場所には「人」が欠かせないと気づき、退職後の2008年、“生きるように働く人の求人サイト”「東京仕事百貨」を立ち上げる。2009年、株式会社シゴトヒトを設立。2012年、サイト名を「日本仕事百貨」に変更。ウェブマガジン「greenz.jp」を運営するグリーンズとともに「リトルトーキョー」を2013年7月オープン。いろいろな生き方・働き方に出会える「しごとバー」や誰もが自分の映画館をつくれる「popcorn」などを立ち上げる。

日時:4/26(金)19:30〜21:00(受付19:00より)
料金:1,500円
定員:20名
会場:READAN DEAT

定員となりましたので受付終了とさせていただきます。

2019-03-19 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

武田百合子さんについて知っていることを話そう

戦後日本を代表する小説家・武田泰淳の妻である武田百合子。夫や娘との生活を綴った『富士日記』(1977年)でエッセイストとしてデビューしました。

「天衣無縫」「天性の文章家」と賞賛される彼女の随筆は現在もなお新しい読者を獲得し続けています。百合子の作品を長年精読し、『富士日記』を題材にした書籍を2018年秋に発表したミズモトアキラが秘蔵映像&音声なども紹介しながら、武田百合子ワールドの魅力を語り尽くすイヴェントです。

イベントに合わせて焼き菓子のお店 コナサンの特製クッキーもお出しします。

まだ一冊も彼女の書籍を読んだことのないあなたもぜひ気軽にご参加ください。

ミズモトアキラ
1969年、松山生まれ。エディター/DJ。音楽、映像、写真、デザインなどを多角的に扱い、文、編集、デザインを手がける傍ら、トークイベントやワークショップの主催も精力的に行っている。

日時:4/17(水)19:30〜21:30(受付19:00より)
料金:2,000円(コナサン特製クッキー&緑茶付き)
定員:20名
会場:READAN DEAT

こちらのイベントは諸事情により止むを得ず、中止させていただくことになりました。ご参加を検討していただいた皆様、また、ご予約いただいた皆様にはご迷惑をおかけする事となり、大変申し訳ございません。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2019-03-08 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

立花文穂「書体」刊行記念展

文字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し国内外で発表する広島出身のアーティスト・立花文穂さんがデザイン・製本ともに自ら製作した作品集「書体」の刊行記念展を行います。

初日は立花さんと親交の深い、紅茶葉と焼菓子の販売店 ピンカートンズ・スークさんのチャイと焼き菓子の販売も行います。

立花文穂 Fumio Tachibana
1968年 広島市生まれ。 文字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し、国内外で発表。2007年より自ら責任編集とデザインを手がける不定期刊行物『球体』を始める。著書に『かたちのみかた』、『Leaves 立花文穂作品集』(誠文堂新光社刊)。

会期:3/24(日)〜4/7(日)※初日作家在廊

3/24(日)映像上映 & ミニトーク

立花さんが撮影・編集した「書体」制作過程の記録映像の上映とミニトークを行います。

日時:3/24(日)18:00〜19:00(受付17:30より)
料金:500円(チャイ付き)
定員:20名
会場:READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「立花さんミニトーク」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2019-03-06 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed