EXHIBITION & EVENT

若菜晃子トークイベント 「旅の断片」

「街と山のあいだ」をコンセプトにした年二回発行の小冊子『murren』。山歩きの楽しさはもちろん、植物図譜や携行食など毎号わくわくするようなテーマで自然を身近に感じることができるリトルプレスです。

今回、『murren』の編集・発行人をつとめる若菜晃子さんの旅をテーマにしたエッセイ『旅の断片』(アノニマ・スタジオ)の刊行を記念したトークイベントを開催します。お相手はパンとお菓子の店「horta(オルタ)」を営む中林麻衣子さん。旧知の仲であるお二人に、旅の思い出や楽しみについて伺います。

若菜晃子(わかなあきこ)
1968年兵庫県神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。「街と山のあいだ」をコンセプトにした小冊子『murren』編集・発行人。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)など。

中林麻衣子(なかばやしまいこ)
1974年山口県生まれ。広島大学文学部卒業。2015年、広島市内にパンとお菓子の店「horta(オルタ)」をオープン。以来、週一で営業しつつ、グラフィックデザイナーとしても活動。旅と本とパンをこよなく愛す。

若菜晃子トークイベント 「旅の断片」

日時:3/14(土) 18:00~19:30 (受付17:30〜)
料金:1,500円
定員:30名
会場: READAN DEAT

 

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「若菜さんトークイベント」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2020-02-03 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed