Author Archive

遊んでよ!さよふしぎたんていしゃ in HIROSHIMA

インスタグラムのフォロワー4万人、小学生の女の子さよたんていがあらゆるお悩みを解決する「さよふしぎたんていしゃ」の展覧会が広島市内で3か所同時開催!お悩み相談の「調査報告書」原本の展示と書籍・ZINE・オリジナルグッズの販売、そしてお楽しみ企画「謎解きゲーム」とさよたんていからの逆依頼も!みんなぜひ遊びに来てね!

会期:7月2日(土)〜7月18日(月・祝)

開催場所:

READAN DEAT
広島県広島市中区6 本川町2丁目6-10 和田ビル203
TEL:082-961-4545
営業時間:11:00-18:00(定休日:火)
アクセス:広島電鉄「本川町駅」より徒歩1分

Gemisch
広島市中区幟町5-10 山下ビル1階
TEL:なし
営業時間:12:00-19:00(定休日:木)
アクセス:広島電鉄「銀山町駅」より徒歩3分

MOUNT COFFEE
広島市西区庚午北2-20-13-1F
TEL:082-521-9691
営業時間:10:00-18:00(定休日:日・月)
アクセス:広島電鉄「高須駅」より徒歩1分

※営業時間・定休日変更の可能性あり
※詳しくは各店のSNS等で確認・お店にお問合せください

展覧会期間中の特別企画!さよたんていの謎解きゲーム
各店で”なぞなぞ”を解いて、出た答え(ひらがな一文字)を組み合わせて答えを考えよう!
正解者にはお店でステッカーをプレゼント!

2022-06-19 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

LOCKET 5号刊行フェア

旅を通して主観的な真実を追いかける独立系旅雑誌『LOCKET』(ロケット)。企画・取材・執筆・撮影・編集・流通を個人で一貫して行なう、気骨のあるインディペンデントマガジンです。今回は、先日発売された最新号のフェアを開催します。

5号のタイトルは「野性の造形」。クマをかたどった造形物を追いかけ、2021年にトルコ、ドイツ、北海道、特集外では西表島でも撮り下ろし取材を敢行しました。古代遺跡の彫像、都市名がクマに由来する街、木彫り熊の再ブームを牽引する現役作家。さらに石川直樹氏、津田 直氏、高野夕輝氏、安藤夏樹氏、在本彌生氏、寺尾紗穂氏といった面々が誌面を彩ります。

完売しているバックナンバーやオリジナルプリントを販売するほか、制作の裏側を伝えるラフや校正紙を掲出。初のオリジナルグッズとして本誌にも掲載の被写体から生まれた、グラフィックデザイナー・YUNOSUKEさんのイラストTシャツも販売します。

以下、『LOCKET』の内田洋介さんから熱いステイトメントも届きました。ぜひご一読ください。初日は内田さんも在廊してくれます。

「広島にいるたったひとりの読者へ」

「たったひとりの読者を想って本をつくれ」とは、出版業界におけるクリシェである。『LOCKET』という独立系旅雑誌を編むぼくの頭にはそれがつねにふたりいて、ひとりじゃないあたり、だから30歳にもなって半人前なんだと思い知らされる。
ふたりのうちのひとりは広島にいる。いや、広島にいるかもしれない、といったほうが正確だろう。ブータンを旅して創刊号を放った23歳の春、相生橋にほど近い古ビルの2階で出会った。埼玉の実家で200冊近い雑誌をバックパックに詰め、すべてがなくなるまで西を目指した行商の途上。書店の前で重い荷物を降ろし、新手の押し売りのごとく雑誌を店主に手渡す姿を見かねてか、ひとりの男性客が目の前で買い上げてくれたのだ。それは赤の他人が現実の読者に変換された初めての瞬間だった。
節目とするなら第10号が妥当だろうが、このペースだとそのころにはアラフォーになってしまう。だからせめてキリのいい第5号で立ち止まる機会を持つことにし、それなら場所は「READAN DEAT」しか考えられなかった。最初の読者が雑誌ではなく店主の清政光博さんを信頼して買ってくれたことくらい、いまとなっては容易に想像がつくからだ。
本展では第5号「野性の造形」特集を発売した記念に、初めてのオリジナルグッズや版元完売している全バックナンバーを販売し、制作段階のラフや校正紙を展示する。いまこれを読んでいるキミがもしあの日の彼なら、創刊号の感謝を伝えたい。あの一冊がなければ、延べ7,000冊も刷りつづけることはできなかった。キミがもしそうでないなら、いまこの瞬間からでも、読者のひとりに加わってもらいたい。たったひとりの読者がくれる勇気の大きさは、この雑誌の最新号が物語っているはずだから。

LOCKET 5号刊行フェア
会期:6/11(水)〜26(日)

2022-06-09 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

製本講座 -上製本 第4期-

自分の手で作品集を製作してみたいというアーティストの方や、製本の知識と技術を身につけたいという方に向けた、手製本の講座を開講します。今回は、手縫いによるA5サイズの布貼り上製本(ハードカバー)を、3回に分けて製作します。(画像は前回製作したサンプル)

講師は、社会問題に纏わる歴史や記憶を主なテーマとして制作に取り組み、手製本による写真集がニューヨーク近代美術館の図書館にも収蔵されている、広島出身の写真家・藤井ヨシカツさん。手製本を媒体とした表現で国内外から評価される藤井さんに、上製本づくりを基礎から学びます。

藤井ヨシカツ
写真を表現媒体としたビジュアル・ストーリーテラー。記憶、家族、事件や歴史をテーマとした長期プロジェクトに取り組んでいる。
少部数限定の手製本による写真集を主な発表媒体とし、2014年パリフォト・アパチャー財団写真集賞ノミネート、2015年Self Publishing PHOTOLUX Award受賞、2018年The Anamorphosis Prize受賞。ニューヨーク近代美術館(MoMA)図書館やヴィクトリア&アルバート博物館をはじめ、各国の美術館や大学図書館に作品が収蔵されている。
2015年に故郷の広島に拠点を移して以降は、被爆3世である自身の視点から広島と戦争の歴史をテーマとして制作を行っている。
作品は、チョビメラ国際フォトフェスティバル(バングラデシュ, 2017年)、ジメイ・アルル国際フォトフェスティバル「Phantom Pain Clinic」 (中国, 2017年)、ブレダ・フォトフェスティバル「To Infinity and Beyond」(オランダ, 2018年)、PHOTO2021「Not standing still: new approaches in documentary photography」(オーストラリア, 2021年)、KG+SELECT (日本, 2021年)、永春堂美術館「Lived Happily Ever After」(台湾, 2022年) などで展示された。
https://www.yoshikatsufujii.com/

日程:第1回 _ 6/17(金)、第2回 _ 6/24(金)、第3回 _ 7/1(金)
時間:各回 19:00 〜21:00
定員:6名
場所:READAN DEAT
料金:合計 16,500円(材料費込)

【用意していただくもの】
カッター、カッター替刃、カッターマット(A3サイズ)、定規(30cm以上)、筆記用具、おてふき用のタオルまたはウェットティッシュ

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「製本講座」として、メッセージ本文に
1. お名前
2. 電話番号
3. お支払い方法(銀行振込 / クレジットカード / 店頭でのお支払い) 
をご記入の上お申し込みください。

※この講座は、上記日程の全3回に参加できる方を対象としております。
※事前のお支払いをもって、申し込み完了とさせていただきます。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
    問題なければチェックをお願いいたします。

    コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
    info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

    2022-06-01 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

     

    長戸裕夢さんの北川毛窯

    昨年秋にトークイベントで松山に呼んでもらった翌日、連れて行ってもらった今治の古道具店で店の奥にあった徳利を眺めていたら、「砥部焼の古い物かもしれないんだけど」と出してもらった物が、灰色がかったモスグリーンの一升徳利でした。砥部焼といえば、唐草模様の染付の、おおらかな厚手の磁器というイメージがパッと思い浮かぶ程度のことしか知らなかったので、「こんな渋い雰囲気の物も作られていたんだ」と印象に残りました。

    それからしばらくした後、大型書店で陶芸専門誌を立ち読みしていたら、愛媛の作家さんが紹介されていて、気になって検索してみると、どこかで聞いたことがあるワードが挙がってきました。「北川毛窯」。それは、古道具店で教えてもらった江戸時代後期に稼働していた砥部の古窯。その人は砥部の窯の四代目で、かつての陶工に思いを馳せながら、砥部焼の最初期である北川毛窯の焼き物を再現し、自身の作品に活かそうとしていました。

    偶然の出会いから始まった個人的胸熱エピソードも添えましたが、先日からお取り扱いが始まった、長戸裕夢さんの器をご紹介します。砥部焼のルーツは、唐津辺りから招いた日本人陶工に技術を学んだのが始まりという説が主流のようですが、朝鮮から渡来した陶工が始めた説もあったりとミステリアス。北川毛窯についての文献も少ないようです。長戸さんは窯跡に残された陶片や資料を元に器作りに取り組んでいます。

    砥部焼のイメージを180度ひっくり返すような、堅く焼き締まった薄手の陶磁器。刷毛目や象嵌、白磁の器は、「中四国でも李朝を思わせる焼き物があったんだ」と、勝手に同じ地域枠でシンパシーを感じて嬉しくなってしまいます。

    長戸さんは原料となる磁土も業者から購入するのでなく、収集した陶石を砕いて用意したり、現在は薪窯をセルフビルド中とのことで、自然体のストイックさにも感銘を受けています。これからもとても楽しみな作家さんです。

    2022-04-29 | Posted in TABLEWAREComments Closed 

     

    山﨑泰治『In the Light』刊行記念展

    「光」を受け止めることのできる対象を探し、たどり着いた人の肖像。その舞台の上を巡る自然の光は、操る隙など全くなく、強く堂々と溢れ続ける。環境に身を任せ、“ 終わらない何か ” に出会った瞬間にシャッターを切る。これらの作品はポートレイトではなく、風景に近いのかもしれない。─山﨑泰治

    広告写真を中心に活躍する、写真家・山﨑泰治さんの初写真集『In the Light』の刊行記念展を開催いたします。

    作家にとって、光を表現できる被写体は人物の表情のクローズアップでした。撮影のために作られたライティングではなく、刻一刻と変化し、流れていく自然の光を丁寧に捉えたその写真は、繊細な描写による柔らかな階調と、確かに感じられる存在の重さを併せ持つ豊かな表現へと昇華されています。

    フィルム写真で捉えた柔らかな光を、写真集と共にお楽しみください。

    山﨑泰治
    1978年長野県生まれ。写真専門学校、スタジオ勤務を経て2004年上田義彦氏に師事。2008年独立。写真作家として数々の個展、企画展にて作品を発表。多摩美術大学非常勤講師。

    会期:4/29(祝)〜5/15(日) 初日作家在廊

    2022-04-28 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed