EXHIBITION & EVENT

トークイベント「経営者と文筆家の孤独と結束」

「孤独って、何でしょう?」10人の経営者が究極の問いに応えた一冊『経営者の孤独。』(ポプラ社)で、インタビュワーを務めた広島出身の文筆家・土門蘭さん。本の中で最初にインタビューに応えているのが、校正・校閲を専門とする株式会社鷗来堂の代表取締役であり、土門さんと共に出版業・執筆業を行う合同会社文鳥社を設立した柳下恭平さん。「プライベートとパブリックを分けられないことに僕の孤独がある」という柳下さんに改めて「経営者の孤独」について、土門さんがお聞きします。

後半は、自ら出版社を設立し作家として活動する土門さんに、同僚でもある柳下さんがお話をお聞きします。終戦後の呉市朝日町を舞台に、戦争という混乱期に翻弄された五人の女性を描いた最新作『戦争と五人の女』についての思いも、ぜひお聞きください。

土門蘭
1985年生まれ。小説家。京都在住。2017年、 出版業・執筆業を行う合同会社文鳥社を設立。文芸作品を執筆する傍ら、インタビュー記事やキャッチコピーの制作を行う。著書に本作のほか、歌画集『100年後あなたもわたしもいない日に』、小説『戦争と五人の女』がある。

柳下恭平
1976年生まれ。校正・校閲を専門とする株式会社鷗来堂代表取締役。神楽坂に書店「かもめブックス」、東京・京都に本棚専門店「ハミングバードブックシェルフ」を開店。2017年、合同会社文鳥社を設立。本作では編集と、経営者としてインタビュイーのひとりを担当している。

トークイベントの会場は、広島市中区本川町の建築事務所、Small House Design Lab.のギャラリースペース「A not B」。当店から徒歩5分のギャラリーです。

土門蘭×柳下恭平トークイベント
「経営者と文筆家の孤独と結束」

日時:2/15(土) 16:00~17:30 (受付15:30〜)
料金:1,500円
定員:60名
会場: A not B(〒730-0802 広島市中区本川町2丁目1-31岡部ビル1F Small House Design Lab.内)

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「土門×柳下トークイベント」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2020-01-15 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

植本一子トークイベント「うれしい生活」

夫との出会いと結婚、子どもの出産と成長、そして訪れた夫の死。広島出身の写真家・植本一子さんの初となる写真集『うれしい生活』(河出書房新社)は家族のかたちを模索する歳月を写した一冊。今回は写真集の刊行を記念したトークイベントを開催します。

トークのお相手として、広島市現代美術館の学芸担当課長で、植本さんも参加する現在同館にて開催中のグループ展「アカルイ カテイ」を担当した竹口浩司さんをお迎えします。

植本さんの写真を通して、現代に生きる一人一人にとっての家族のかたちを考えます。

「アカルイカテイ」特設ウェブサイト

植本一子(うえもといちこ)
1984年広島県生まれ。2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞。写真家としてのキャリアをスタートさせる。2013年に「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。これまでの著書に「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」「台風一過」等がある。

竹口浩司(たけぐちこうじ)
広島市現代美術館 学芸担当課長
1970年生まれ。大学では社会学と西洋美術史を学ぶ。2000年から福岡県立美術館に勤務。近現代の工芸を中心に展覧会を企画。主な展覧会に「糸の先へ いのちを紡ぐ手、布に染まる世界」「江上茂雄 風ノ影、絵ノ奥ノ光」「とっとっと? キオク×キロク=」など。2015年より現職。「交わるいと 〈あいだ〉をひらく術として」「山口啓介 後ろむきに前に歩く」「アカルイ カテイ」などを手がけている。

日時:2/9(日) 19:30〜21:00(受付19:00〜)
料金:1,500円
定員:30名
会場: READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「植本一子トークイベント」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2020-01-12 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

阿部海太 個展「ICON」

展覧会など通して精力的に作品発表を行う阿部海太さんの広島ではおよそ2年ぶりとなる個展を開催します。聖像、偶像、影像、表像、アイコン、イメージ。芸術の根源を想起させる“ICON”(イコン)という言葉をテーマに、描き下ろしの油彩や布の作品、新作となる立体作品の展示販売を行います。

阿部海太 / ABE KAITA
絵描き・絵本描き。1986年生まれ。埼玉出身。東京藝術大学デザイン科卒業後、ドイツ、メキシコに渡る。2011年より東京にて絵画と絵本の制作を開始。翌2012年に本のインディペンデント・レーベル「Kite」を結成。2016年夏より拠点を神戸に移す。著書に『みち』(リトルモア 2016年刊)、『みずのこどもたち』(佼成出版社 2017年刊)、『めざめる』(あかね書房 2017年刊)、共著に『はじまりが見える 世界の神話』(創元社 2018年刊)。
kaita-abe.com

会期:2/1(土)〜2/16(日)

ギャラリートーク「背中のないものたち」

阿部さんに展示テーマの“イコン”について、また、人の創造活動の成り立ちと行方についてREADAN DEAT店主が聞き役となりお話を伺います。

日時:2/2(日) 17:00〜(受付16:30〜)
料金:1,000円
定員:20名
会場: READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「阿部海太ギャラリートーク」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2020-01-10 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

ノッティングの椅子敷 展

倉敷で民藝運動を牽引した染織家・外村吉之介が考案したノッティングの椅子敷。座り心地やわらか、あたたかく丈夫で永年愛用していただけるウールの織物です。

倉敷本染手織研究所を卒業し、東広島で制作を行う駒木根圭子さんの椅子敷は民藝の精神に敬意を払いながらも、現代的なエッセンスを取り入れた図案で、暮らしに彩りを与えてくれます。

駒木根さん在店日には織り機を使った実演も行います。手触りを楽しみながら、お気に入りをお選びください。

会期:1/18(土)〜1/26(日)会期中無休
駒木根圭子さん在店日:1/18(土)、19(日)、26(日)

2020-01-09 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

shink tank POP-UP SHOP

1/11(土)、12(日)の2日間、広島市西区三篠町で2019年にスタートした予約制の輸入雑貨店「shink tank」のPOP-UP SHOPを開催します。ヴィンテージのミッドセンチュリーなどがメインというラインナップに加え、独自で仕入れた商品が並びます。以下、若き店主・shin君による商品説明をお届けします。

FAT LAVA
Fat lava は1950年代から1970年代まで旧西ドイツで盛んになった陶器カルチャーです。Fat は太った意味、ズングリとした形が太ったという表現、Lava は溶岩という意味で釉薬の表現が溶岩の様に見えるためです。ナチス政権によってアートを抑制されてた時代から発信できる時代になった人々の明るい活動。そしてドイツも日本と同じ敗戦国。国を復旧しようと頑張った人がたちの時代背景が見えてきます。

Nemadji
Nemadji Tili&Pottery Co.社が制作していたNemadji Potteryはアメリカミソネタ州でネイティブアメリカンとして作られていました。1929年創業から2001年まで長い歴史を閉ざしました。どれもこれも、50年代から80年代の物になっていています。なんとも言えない不規則な自然を連想させる美しい釉薬の使い方が特徴の物です。一度素焼きして水面に釉薬を浮かべ浸すという技法でできる表現です。同じ模様を作る事は不可能なので、どれも一品物です。

Marieke Jacobs
オランダのブランドでデザイナーのマリエケが手がけるデザインはキャッシュレスの時代に使用して欲しい一品になっています。ミニマムなデザイン性と機能性がありライフスタイルに綺麗に溶け込みます。

DAHLS”
カナダのエプロンを中心としたブランド。デザイナー兼職人のニルスが手がけるエプロンはデザインと機能性を選び抜かれ。2020年のパリで開催されるMaison Objectsに選考されました。スタイリッシュなデザインから、長く使える使いやすさから、ロングライフデザインのエプロンとなってます。

Others
僕自身が独自の感性からデザイン性や歴史的背景から連想し国とジャンルを問わずに選び抜いた雑貨をセレクトさせていただきました。中には変わった物からスタンダードな物から自身の歴史的背景の妄想が行き過ぎてセレクトした物なのど様々にご用意していますのでお楽しみください。

shink tank POP-UP SHOP
会期:1/11(土)、12(日)

shink tank webサイト

2020-01-06 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed