EXHIBITION & EVENT

ゴフスタインと私 展

私が何かを作る時、またそれができた時、 そばにはいつも本があり、 『この色合いを閉じ込めたい」とか「こんなセーターを着てほしい」と想像しています。
ゴフスタインはインタビューで、「私が本の中で表現したいと思っていることは、自分が信じるすばらしい何かを作り出すために黙々と働く人の美しさと尊さです」と答えています。
私が編む仕事を始めて20年経ちました。 二十歳の頃、「ブルッキーのひつじ」に出会い、この仕事を始めて「ゴールディのお人形」を古本屋さんで見つけたのは決定的でした。
2017年12月20日、ゴフスタインは亡くなりました。
2019年12月21日より、「ゴフスタイン と私」展、始まります。 

HOLY’S 保里尚美

シェットランド諸島の伝統的なセーターに使われるシェットランドヤーンを使ってニット小物やウェアを制作するHOLY’S 保里尚美さんの、アメリカの女性絵本作家 M.B. ゴフスタインの絵本からインスピレーションを受けた個展を開催します。「働くセーター」のフルオーダーのほか、手袋やルームシューズ、また絵本も販売いたします。

会期:12/21(土)〜12/29(日)会期中無休

保里さん在廊日時
21(土)、22(日)、28(土)、29(日) 11:00 – 19:00
23(月)〜27(金) 13:00 – 16:00

HOLY’S ウェブサイト

【12/28 土、29 日】タッセルキーホルダーのワークショップ

あなたの大切な仕事道具は、何ですか?ゴフスタインの絵本『ピアノ調律師』で、ピアノ調律師になると決めたデビーは、毎朝、師匠でもあるおじいちゃんと、絶対音感の基礎となるAの音をハミングで、音叉を鳴らし調音します。調律師にとって音叉は大切な仕事道具であるように、人それぞれの仕事の中で、欠かせない道具があると思います。大切な道具には、特別な何かを付けたいもの。Shetland yarnで作ったタッセルキーホルダーなら、心地よい手触りも楽しめます。

会期後半の28日と29日、Shetland yarnの原毛色でタッセルキーホルダーを作るワークショップを行います。タッセルにはご自分の名前を入れます。 編めない方でも大丈夫です。今年10月、十日市町にオープンした、広島でネルドリップ珈琲が飲める店「tsuyu coffee」さんの自家焙煎コーヒー付きです。 ご参加お待ちしています。

日時:12/28(土)、29(日)9:00~11:00
料金:4,000円 コーヒー付き
定員:各回 6名
会場: READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「タッセルワークショップ」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 希望日(28日もしくは29日)3. 参加人数 3. 携帯電話番号 をご記入の上お申し込みください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2019-12-02 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed