EXHIBITION & EVENT

植本一子トークイベント「うれしい生活」

夫との出会いと結婚、子どもの出産と成長、そして訪れた夫の死。広島出身の写真家・植本一子さんの初となる写真集『うれしい生活』(河出書房新社)は家族のかたちを模索する歳月を写した一冊。今回は写真集の刊行を記念したトークイベントを開催します。

トークのお相手として、広島市現代美術館の学芸担当課長で、植本さんも参加する現在同館にて開催中のグループ展「アカルイ カテイ」を担当した竹口浩司さんをお迎えします。

植本さんの写真を通して、現代に生きる一人一人にとっての家族のかたちを考えます。

「アカルイカテイ」特設ウェブサイト

植本一子(うえもといちこ)
1984年広島県生まれ。2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞。写真家としてのキャリアをスタートさせる。2013年に「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。これまでの著書に「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」「台風一過」等がある。

竹口浩司(たけぐちこうじ)
広島市現代美術館 学芸担当課長
1970年生まれ。大学では社会学と西洋美術史を学ぶ。2000年から福岡県立美術館に勤務。近現代の工芸を中心に展覧会を企画。主な展覧会に「糸の先へ いのちを紡ぐ手、布に染まる世界」「江上茂雄 風ノ影、絵ノ奥ノ光」「とっとっと? キオク×キロク=」など。2015年より現職。「交わるいと 〈あいだ〉をひらく術として」「山口啓介 後ろむきに前に歩く」「アカルイ カテイ」などを手がけている。

日時:2/9(日) 19:30〜21:00(受付19:00〜)
料金:1,500円
定員:30名
会場: READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「植本一子トークイベント」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

2020-01-12 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed