EXHIBITION & EVENT

白石ちえこ写真展「島影」

物心がついた頃、ペンギン島に行ったという曖昧な記憶があるのだが、島へ行く道すがら見かけた風景はぼんやりとしかよみがえらず、現実離れした絵の中の風景のようでもある。記憶の中で小さなシグナルを出すペンギン島は、まぼろしの島である。その島影は、仄暗い記憶の底にゆらゆらと漂っている。 

1920〜1930年代に日本のアマチュアカメラマンの間で流行した「雑巾がけ」とよばれる写真技法で制作された、写真家・白石ちえこさんの「島影」を展示いたします。独特の霧がかったような陰影が、まぼろしのような記憶を写し出しています。店頭では同名の写真集を販売いたします。

白石ちえこ(写真家)
神奈川県生まれ。これまでにマレーシア、インドネシア、タイ、インド、ネパール、パキスタンなど世界各国を旅し、グルジアでのピロスマニの絵画との出会いなどを経て、2000年代より本格的に写真の世界に入る。主な個展、グループ展に 「アマリリス通り」(ギャラリー冬青、東京、2006)、「足利風景 – 旅の視線、 地の視線 -」(足利市立美術館、栃木、2010)、「トビリシ・フォト・フェスティバル 2016」(トビリシ、2016)、「サボテンとしっぽ」(リコーイメージングスクエア銀座、東京、2019)、「鹿渡り」(Mind’s eye Gallery、パリ、2019)、「島影」(Kokonton Gallery、ヴェネツィア、2019)など。「街道マガジン」(責任編集 尾仲 浩二)や、美術同人誌 「四月と十月」(編集長 牧野伊三夫)に参加。 

楽曲提供:stabilo(speaker gain teardrop / electronic composer)
広島で活動を続ける轟音系バンド「speaker gain teradrop」のGu担当。バンド側では表現出来ない音楽を求め2002年ラップトップにて音楽製作を開始。2008年ベルギーのレーベル「u-cover」からアルバム「ovum」をリリース。エレクトロニカ /ポストロック/ 電子音響イベント「layer of perspectives」代表。2013年末から現在まで約5年間に渡るアンビエント/ドローンに焦点を当てたアルバム、EPを毎月連続でリリース。その他アメリカ、イギリス、ギリシャ、オーストラリア、スペイン、ポルトガル、インド等のレーベルから音源を多数リリースしている。
http://speakergainteardrop.com/stabilo/

会期初日にショートインタビューを収録しました。併せてご覧ください。

企画:Sen Nakamori / READAN DEAT

会期:7/5(日)〜7/19(日)

2020-06-27 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed