EXHIBITION & EVENT

製本ワークショップ【上製本】+ InDesignミニ講座

自分の手で作品集を製作してみたいというアーティストの方や、製本の知識と技術を身につけたいという方に向けた、手製本の講座を開講します。今回は、手縫いによるA5サイズの布貼り上製本(ハードカバー)を、3回に分けて製作します。

講師は、社会問題に纏わる歴史や記憶を主なテーマとして制作に取り組み、手製本による写真集がニューヨーク近代美術館の図書館にも収蔵されている、広島出身の写真家・藤井ヨシカツさん。手製本を媒体とした表現で国内外から評価される藤井さんに、上製本づくりを基礎から学びます。

今回は、これまでご要望が多かったレイアウトデザインソフトのInDesignミニ講座をオプションでご用意しました。基本的な使用方法や印刷データ作成など、写真集や作品集を制作する上でこれだけは欠かせないというポイントを藤井さんから学びます。

〈InDesignミニ講座で準備していただく物〉

​​1. InDesignがインストールされたノートPC(Windows、macどちらでもOK)

InDesignはサブスクリプションの有料ソフトウェアですが、​1週間の無料の試用期間があります。初めて使用するという方は、5/30(木)の講座直前にインストールをお願いします。
https://www.adobe.com/jp/products/indesign/free-trial-download.html​​

2. できるだけたくさんの写真やイラストなどの画像

画像サイズはA4サイズ程度(210mm×297mm)、300dpi。​ファイル形式はjpg、tiffなど。​製本ワークショップのみ参加の方は64ページの無地のノートを作る予定​ですが、画像数によってページ数は調整可能です。


3. (製本ワークショップ以降)組版データをA4サイズに印刷した本文となる紙

InDesignで組版したデータを自宅やキンコーズなどで印刷した紙。紙の種類は問いません。製本ワークショップのみ参加の方に配布する無地の紙も使用可能です。

日程:
【InDesignミニ講座】 5/30(木)
【製本ワークショップ】第1回 _ 6/6(木)、第2回 _ 6/13(木)、第3回 _ 6/20(木)

時間:各回 19:00 〜21:00
定員:6名
場所:READAN DEAT

料金:
【InDesignミニ講座】5,000円
【製本ワークショップ】合計 16,500円(材料費込)

※製本ワークショップは、全3回に参加できる方を対象としております。
※事前のお支払いをもって、申し込み完了とさせていただきます。
※InDesignミニ講座についてのご質問先:contact@yoshikatsu-fujii.com

定員となりましたので受付終了とさせていただきます。

2024-05-20 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

リギ 個展「ligi’s WONDERLANDERS」

洋の東西を問わず古代から伝承される神話、祝祭、信仰などの考古資料やアーティファクトをモチーフに、陶作品を制作する、ligi(リギ)さん。今回の個展では「本」をテーマに、リギさんが選んだ書籍からインスピレーションを受けた作品を展示販売します。また会期中は、リギさんの友人でもある料理家・広沢京子さんの焼き菓子やジャムも並びます。

リギ 個展「ligi’s WONDERLANDERS」
– a pottery exhibition inspired by several books –

会期:5/18(土)〜 6/2(日)

2024-05-01 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

藤岡亜弥ワークショップ「まなざしを読む」

日々オンラインで膨大な数の写真が世の中に生み出されている時代。誰もが気楽にコミュニケイトできる一方で、もっと踏み込んだ自己表現としての写真を求めている方もいるのではないでしょうか。このワークショップでは、座学・撮影会・講評会を通して、写真の見方、写真の見せ方について、参加者と共に実践的に学びます。講師は広島在住の写真家・藤岡亜弥さんです。一枚の写真の裏側に何が写っているのか、その写真に潜む面白さとは何か、写真に対して解像度を上げて「読む」ことを目指します。

あまりに写真が簡単に撮れるようになってしまったいま、何がいい写真なのか、どうしたら作品として見せることができるのか悩んでいる人は多いと思います。と同時に、だからこそカメラを持つ人それぞれが写真家になり得るとも言えますが、ここでは上手い写真を評価し合うのではなく、それぞれが撮る、見る、見せるを繰り返しながら自分の表現とはなにかを探していきます。

写真は、なにげない日常を”特別な日常”にし、自分が写したものでありながら、そこには自分自身が映し出されてもいて、内なる自分と出会う道具でもあります。そんな写真のおもしろさを共有し、視覚的な物語を紡ぎ、写真を読み、語る。小さな発見が重なり合い発展していくワークショップになればと思っています。

藤岡亜弥

藤岡亜弥 Aya Fujioka
広島生まれ、日本大学芸術学部写真学科卒業。2007年文化庁派遣海外留学生としてニューヨークに滞在。その後 2012年に帰国。現在広島にて制作活動を行う。主な作品に「さよならを教えて」「離愁」「私は眠らない」「川はゆく」がある。「さよならを教えて」でビジュアルアーツフォトアワード、「私は眠らない」で日本写真協会新人賞を受賞。「川はゆく」で 2017年第 41 回伊奈信男賞受賞。2018年林忠彦賞、2018年木村伊兵衛写真賞受賞。

日程:
・第1回:5/25(土)18:30-20:30 _ 写真についての基礎講座
・第2回:5/26(日)13:00-15:30 _ 平和記念公園での撮影実習
・第3回:5/31(金)18:30-20:30 _ 撮影作品の講評会

定員:8名
場所:READAN DEAT
料金:16,500円(税込)

※このワークショップは、全3回に参加できる方を対象としております。
※事前のお支払いをもって、申し込み完了とさせていただきます。

※定員となりましたので受付終了とさせていただきます。

2024-04-12 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

 

伊藤ミサ きりえ展「ここに居たい」

徳島県在住の切り絵作家 / イラストレーター・伊藤​ミサさん。2022年に自主出版した『山かく人』は山岳雑誌『岳人』の選書コーナーで掲載された挿画をまとめた作品集。自身も山岳ライターとして活動し、山の風景、自然のなかをゆく人たちを切り絵で表現しています。

今回の切り絵展のタイトルは「ここに居たい」。こまやかな観察眼から身の回りの自然や人たちを切り絵で表現してくれる、素朴で温かな展示をぜひご覧ください。

【4/7, 20, 21】きりえworkshop

切り絵の体験コーナーを特設します。ハガキサイズの作品を伊藤ミサと一緒につくってみませんか?
・体験料:1000円
・対象:カッターやハサミが使える全ての方

【ご予約優先タイム】13:00~15:00  ※4/7、20は満席
以下のお名前、人数(3名まで)、ご希望の日にちをお知らせください。

以下のコンタクトフォームに題名を「きりえWS」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 4.参加希望日(4/7,20,21) をご記入の上お申し込みください。
また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
    問題なければチェックをお願いいたします。

    コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
    info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

    【とびこみ参加タイム】15:00~18:00
    お席に空きがあれば、ご予約不要で体験いただけます。
    ※制作にかかる時間は30分~2時間。余裕をもってお越しください。

    伊藤ミサ きりえ展「ここに居たい」
    会期:4.6(土)~21(日)

    2024-03-26 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed 

     

    羽良多平𠮷 個展「二角形 Digon」

    「羽良多平𠮷はデザインで詩を書く。いつでも詩人である」(宇野亜喜良)


    そう、北原白秋、佐藤春夫、竹久夢二、恩地孝四郎、北園克衛、山名文夫……かつて詩人はデザイナーで、デザイナーは詩人だった。

    ポエジーを表現の根幹に置く書容設計家・羽良多平𠮷はじめての単著として、その詩的言語(écriture poétique)77篇を集成。

    書き下ろしイントロダクション、新作デッサン1点、ヴィジュアル・ポエトリー2点、1964年から現在に至る著作目録を付す。

    1924年の『マヴォ』『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』『亜』創刊から100年を期して港の人が送る、モダニズム詩誕生100年記念出版。


    『断章集 二角形 Digon: fragments』 羽良多平𠮷 著

    書容設計:羽良多平𠮷・上野勇治
    編輯:郡淳一郎・井上有紀
    協力:室賀清徳・ばるぼら
    新書判・上製・カバー装・著者署名入り・限定番号印字
    定価5000円(本体価格・税別) 500部限定
    2024年1月6日刊行

    羽良多平𠮷 個展 二角形 Digon
    エディトリアル・デザイナーとして唯一無二の境地を築いてきた羽良多平𠮷の17年ぶりの個展を開催いたします。強靱な理知と技巧をもって夢と官能へと誘うそのデザインワークを結晶化するシルクスクリーン作品などを展観、長年取り組んできた「書容設計」の現在地を明らかにします。会場では、新しい印刷の冒険を具現化したプリントワークの販売もおこないます。

    会期:4月27日(土)から5月12日(日) 11時から18時 火曜定休
    住所:広島市中区本川町 2-6-10 和田ビル2F
    電話:082-961-4545

    【4/27 15時〜】羽良多平𠮷トークイベント 「二角形」の世界を聞く

    展覧会初日、羽良多平𠮷さんのトークイベントを開催いたします。『断章集 二角形』についてお話をお聞きします。

    トークイベントの会場は、広島市中区本川町の建築事務所、Small House Design Lab.のギャラリースペース「A not B」。当店から徒歩5分のギャラリーです。

    ゲスト:羽良多平吉
    聞き手:井上有紀(港の人)、清政光博(READAN DEAT店主)

    日時:4/27(土) 15:00 ~ 17:00 (受付14:30〜)
    料金:1,500円
    定員:30名
    会場: A not B(〒730-0802 広島市中区本川町2丁目1-31岡部ビル1F Small House Design Lab.内)

    【お申込み方法】
    以下のコンタクトフォームに題名を「羽良多さんトークイベント」として、メッセージ本文に
    1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。
    また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      題名

      メッセージ本文

      上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
      問題なければチェックをお願いいたします。

      コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
      info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

      2024-03-18 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed