BOOKS

washed pattern

bk_123g

海や川を歩くとかつて器やタイルの一部であった陶片が打ち上げられています。漂着した陶片の中には、小さな柄が残されているものもあります。

washed patternとは、陶片の柄を抽出し、再構成することで新しい模様を生み出すプロジェクト。この模様をタイルとして生活に戻すことで、遠い未来、再び割れて欠片となり、何処かに流れ着く日が来るかもしれません。これは永遠に続けることができるサイクルです。

生命が子孫を残していくように、陶片もまた未来に続く模様の子孫を繋いでいく。このタイルには、陶片が織り成す「時」と「模様」のめくるめく連鎖が封じ込められています。

bk_123q bk_123pbk_123t bk_123u
washed pattern tile
“CORAL FORMATION” “COOKIE TIME” 各¥1,500+税

破片になっても土に還らない磁器のタイル。遠い過去と未来をつなぐ、ロマンチックで詩的、タイムカプセルのように実践的なこの試みは、村橋貴博・岩瀬敬美の二人組アートプロジェクトguse ars(グセアルス)によるもの。guse arsという名前は、筆ぐせ、寝ぐせ、口ぐせ…の “guse” と、芸術/技術/手仕事などの意味をもつラテン語の “ars” を組み合わせた造語。表現方法にとらわれることなく 、guse arsらしいものごとをつくりだすことを目的としています。

bk_123fbk_123j bk_123k washed pattern ¥1,000+税
washed patternシリーズ最初のイメージブック。

bk_123e bk_123l
PORTERY ¥2,000+税
神戸の須磨海岸を歩いて1日で採集した陶片を作品の種として、制作したパターンの作品集。
新しく生まれた模様は、陶器(pottery)が織り成す港(port)の物語 “PORTERY”。

bk_123r bk_123s
bk_123m
washed pattern origami
“CORAL FORMATION” “OCTOPUSES” 各¥700+税
washed patternシリーズから生まれた折り紙。タイルの折り方付き。

bk_123n bk_123o
Shida no hana ¥1,000+税
washed patternシリーズのポストカード10枚セット。シダ植物をテーマにした模様9種と、夏至の夜にシダの花を見つけると幸運が訪れるという神話に基づいて描いた架空のシダの花のカード1種。オリジナル封筒パッケージ入り。

 

guse arsの二人はそれぞれソロでも作品を制作しています。

bk_123c bk_123b MARBLE PLANTS ¥2,800+税
村橋貴博によるコラージュ作品をまとめた一冊。
本作のテーマは「植物」。植物的な彫刻作品が多数収録された図録のような本です。

bk_123d
bk_123h
GLASS ¥1,500+税
岩瀬敬美によるドローイング集。
ガラス製の器や皿などが描かれている。そこに盛りつけたり、注いだりしたいメニューがテキストで添えられている。

どこかアノニマスでありながらもユニークなguse arsの世界観、細部に至るまで際立っています。

2016-11-19 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

倶会一処

bk_122a bk_122bk_122bbk_122c bk_122d bk_122e bk_122gbk_122f bk_122h

雑誌、広告などを中心に活躍する広島出身の写真家・前康輔さんが

18歳から35歳までのおよそ20年間撮り続けてきた家族の記録をまとめた写真集。

我が子の誕生から、祖母の死までが一緒くたに混ざり合う、命の記録でもあります。

 

「倶会一処」(くえいっしょ)とは浄土真宗の言葉で、死後に浄土の仏や菩薩たちと同じ場所(一処)で

出会うことができるという意味で、家族が死後も一緒にいられるようにという願いを込め、

墓碑に刻まれたり、無縁仏に刻印されることもあり、前さんの実家の墓にもこの言葉が刻まれています。

 

地元・広島の風景、喜びや悲しみ、何気ない家族の表情、かけがえのない瞬間を捉えた一冊です。

¥3,000+税(WEB SHOP

2016-09-28 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

めいめい

BK_121a
BK_121e BK_121f BK_121b BK_121h BK_121c

一年を通して開かれている、めぐる季節のごはんと言葉の朗読会「今宵に名前をつけるなら」。

参加者はおでんやカレーなどその季節にぴったりな食事をみんなで囲み、

毎回ゲストとして呼ばれる詩人やアーティストによる言葉の朗読を味わいます。

同じ空間で一つ一つ紡がれる言葉、忘れがたい体験を共有する素敵な時間。

 

季刊「めいめい」は「今宵に名前をつけるなら」から生まれた詩と写真の冊子で

この会を企画し、自身も朗読として参加する池田彩乃さんによって作られています。

 

声に出して詩を読むという機会はあまり多くないかもしれませんが

実際に朗読してみると声の大きさやテンポが変わるだけで印象が変化する面白さがあり

身体で味わう表現だと改めて気づかされます。

慌ただしい日常のなかでほんの少し時間でも、目と耳で言葉を楽しんでもらえればと思います。

 

季刊『めいめい 』1、2 各1,000- (WEB SHOP

2016-08-26 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

The Imperial Body

BK_120a BK_120b BK_120c BK_120d BK_120e BK_120f BK_120g BK_120h BK_120i BK_120j BK_120k

ニュジーランドのビジュアルアーティスト、フィオナ・アムンゼンの作品集。

靖国神社をテーマにした《See You at Yasukuni》、1941年の真珠湾攻撃がテーマの《Operation Magic》

太平洋戦争中に空戦に参加することを許可された唯一の日系アメリカ人ベン・クロキの体験を追った

《Most Honourable Son》という3つのアートプロジェクトをまとめた一冊です。

 

現在の記念碑や博物館の写真、体験者の証言、機密指定が解除された軍の資料。

時間も場所も本質的に異なるものを組み合わせることにより

博物館に埋め込まれた歴史観や倫理観、またイメージや文書の役割をも撹乱させます。

 

彼女のアート作品は戦争の公的な記憶やストーリーに対する挑戦です。

戦争における政治的対立に関する写真や映像やドキュメンタリーに対する批判であり

また「人種」に関する文化的で複雑なナラティブ(語り)に対しての批判でもあります。

 

『The Imperial Body』 ¥3,240-(WEB SHOP

2016-08-01 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

ヒロイヨミ社の本

BK_119a

ブックデザイナー山元伸子さんによるヒロイヨミ社の本は、とてもシンプルな作り。

製本は三つの穴に糸を通しただけの綴じだったり、もしくは綴じていなかったり。

慎ましいデザインとレイアウトは活版印刷で生み出される美しい言葉を引き立てます。

指先で感じるしっとり、ざらり、つるりとした質感。

本にあわせて様々な紙が使われていて、この頁をめくる楽しみは電子書籍では味わえません。

BK_119p
BK_119q『春の詩集』¥2,200-
立原道造、中原中也、山村暮鳥らの春の詩七篇に解説が添えられています。

BK_119b BK_119o BK_119l『白の詩集』 ¥1,800-
白をテーマに北園克衛、春山行夫、中原中也ほか、九つの詩がおさめられています。

BK_119c BK_119n BK_119m『山之口貘 猫/ねずみ/りんね』 ¥1,200-
沖縄を代表する詩人、山之口貘の詩三編に解説が添えられています。

BK_119dBK_119s BK_119u『恋文』 ¥1,300-
有島武郎、島崎藤村、若山牧水、島村抱月、四人の文豪・詩人がかつての恋人に宛てた恋文。

BK_119e BK_119xBK_119w『LETTERS』 ¥3,600-
アンティークショップ「IONIO&ETNA」も営む画家・狩野岳朗との共作。
フロイト、ドビュッシー、ルイス・キャロルなど過去の偉人たちの手紙をまとめた作品。

 

世に出て幾分かの時が経った言葉たちが、活字となって新たな息吹をしているように感じられます。

2016-05-20 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

SSE PROJECTの本

BK_117_

BK_118b

韓国のインディペンデント出版社、SSE PROJECTから惣田紗希さんの作品集が入荷しました。

惣田さんはグラフィックデザイナーとしての仕事をしていくなか、

イラストレーターとしても仕事をするようになりますが、そのなかで自身の力不足を感じ、

2014年から一日一枚を目標にドローイングをInstagramとTumblrにアップすることを始めます。

『Waving Lines』にはイラストのトレーニングから始まり、日々や季節の移り変りの記録となった

ドローイングと、描き下ろしを加えた全303枚を収録しています。

BK_118e

昨年10月に行った惣田さんの『garden maiden』原画展に合わせて

広島限定で作らせてもらった「8/6ポストカード」のイラストも収録されていて嬉しいです。

Waving Lines ¥2,640-

 

そのほかにもSSE PROJECTから入荷した本をご紹介します。

BK_118f

BK_118g

BK_118h

Girls on Film vol.1 ¥2,640-(WEB SHOP
Girls on Film vol.2 ¥3,620-(WEB SHOP
Girls on Film vol.3 ¥2,640-(WEB SHOP

写真家で編集者のIgor Termenonがキュレーターをつとめる、フィルムで撮影されたポートレートをまとめた
『Girls on Film』。世界各国のフォトグラファー達によるファッションフォトを楽しむことができます。

BK_118i

BK_118j

BK_118k

Boys on Film vol.1 ¥2,640-(WEB SHOP
Boys on Film vol.2 ¥3,250-(WEB SHOP

『Girls on Film』のBoys版。こちらも若手フォトグラファーによる多様なボートレートを収録。

BK_118l BK_118m

Gaeul Who Wears Glasses ¥2,640-

韓国のイラストレーター / 漫画家、Lee Yoon Hee によるフルカラーコミック。
女の子にふられた傷心を癒すため一人旅に出ることを決めた中学2年生のご主人に、
彼の代わりを演じるよう頼まれた飼い犬Gaeulのお話。

BK_118o BK_118p

Her Own Room ¥3,250-

「女性と空間」をテーマに、ソウルを拠点に活動するフォトグラファーPark Kyung Inの写真集。
秘密のつまった「彼女たちの部屋」を介して、モデルの魅力をさらに引き出した一冊。

BK_118r BK_118s

Girls ¥3,827-

広告、ファッション誌などで活躍する韓国のフォトグラファー、Rottaの写真集。
桂正和やあだち充といった日本の漫画家の作品に影響を受け、作品の中に登場する美少女たちへの
恋焦がれるような想いをモデルに投影させ、独自の目線と色味で表現した一冊。

※3/3再入荷しました。

 

このほかにも個人出版とは思えないほどクオリティの高いZINEや写真集をハイペースで刊行したり、

精力的にアーティストの展示を行うSSE PROJECT。これからもどんな本が出るのか非常に楽しみです。

2016-01-25 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

here and there

BK_116a_

ファッションとアートのインディペンデントなあり方を追い続けてきた編集者・林央子さんによる

個人雑誌『here and there』。先日3年ぶりとなる待望の最新号が刊行されました。

 

アーティストとの親密な関係性をもとに独自の視点で書かれた文章はあたたかく、

それぞれが表現することの本質を細やかにとらえているようです。

 

昨年、水水戸芸術館現代美術センター、猪熊弦一郎現代美術館の二カ所で開催された

「拡張するファッション展」制作直前のドキュメントや、

映像による作品を発表するアーティスト・志村信裕さんとの交流によりうまれたエッセイも収録。

BK_117b

BK_117c

BK_117d

プロフェッショナルな精神で昇華されたアマチュアリズムと言うか、

うまく表現できないのですが、読んでいて背中を押されるような雑誌です。

here and there vol.12 ¥1,800+税(WEB SHOP

 

BK_117h

good copy / 志村信裕 ¥1,700+税(WEB SHOP

今号の『here and there』でも度々登場する志村さんのデビューから10年間の軌跡、
代表作22点を厳選して収録した作品集。

BK_117j

BK_117i

 

BK_117f

Les Chroniques Purple ¥2,900+税(WEB SHOP

林央子さんの盟友とも言える、フランスのインディペンデントマガジン『Purple』を創った
エレン・フライスの最新刊。2013年から一年間だけ立ち上げられたwebサイト
『Les Chroniques Purple』のなかから厳選された記事を書籍化。日本語訳付です。

BK_117e

BK_117g

2015-11-14 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

グレアム・ミックニーさんのZINE

BK_115a

ウェブマガジンcolocalの連載「グレアムさんの神戸日記」も好評の

スコットランド出身・日本在住12年、Graeme Mcnee(グレアム・ミックニー)さんのZINE。

ざらっとした質感のわら半紙に二色のリソグラフ印刷。シンプルで親しみのある絵にぴったりです。

 

BK_115b BK_115h

神戸15 ¥1,200+税

2007年から神戸で暮らすグレアムさんが、「何もない静かな日に訪れるのにぴったり」という
オススメの15カ所を紹介してくれるガイドブックのようなzine。

BK_115c BK_115j

スコットランドのいろいろ1 ¥1,000+税

グレアムさんが故郷のスコットランドのことを知ってもらおうと
歴史、文化、生活習慣をわかりやすくまとめたコミックエッセイ。

BK_115f BK_115k

minimal comics ¥1,000+税

2011-2013の間に描いたとウェブで発表したシリーズ「Minimal Comics」の400本の中から
グレアムさんお気に入りの40本を収録。

BK_115e BK_115l

kumayama mountain, 1993 ¥700+税(WEB SHOP

修学旅行に森の中で迷子になってしまった子供たちを描いたショートストーリー。

BK_115g BK_115o

BK_115m BK_115n

Style And Fashion Zine 1 ¥1,500+税(WEB SHOP

ロサンゼルスと大阪を拠点に活動するカートゥーンアーティストRyan Cecil Smithと共作した、
大阪の街の人々をストリートスナップのようにスケッチしたzine。

2015-11-11 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

世界のはじまり

BK_114a

『夜の木』の画家のひとりとして多くの読者を魅了し続けている

現代ゴンド・アートの第一人者バッジュ・シャームが、

中央インドのゴンド民族に伝わる創造神話の豊かな世界に分け入り、

人々の日々の暮らしに息づく数多の物語の本質をすくい上げ、

壮大なスケールで描き上げた画期的な絵本。

 

ギーター・ヴォルフが紡ぎだす詩的で端正な文章が、

青木恵都のみずみずしい日本語で訳出され、私たちを深淵な神話的世界へいざなう。

水がほとばしり出て、大気が渦巻き、大地が生まれ、時が刻まれる。

季節がめぐり、命が生まれ、芸術が誕生する。そして死が…。

しかし、終わりの後には新たな始まりがやって来る。

BK093b

BK093c

BK093d

インドのターラー・ブックスで出版された Creation (2014) の日本語版。
『夜の木』(タムラ堂)と同様に、南インドの小さな工房で、古布を材料とした手漉きの紙に、
シルクスクリーン印刷で刷られ、さらに手作業による製本で、1冊ずつ丁寧に仕上げられている。
手のぬくもりに包まれた、まるで工芸品のような絵本。(シリアルナンバー入り)

 

『世界のはじまり』(原題 Creation)のメイキング映像では
作者のバッジュ・シャームの生の声や、印刷や製本のプロセスを見ることができます。

¥3,600+税

WEB SHOP

2015-10-28 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

ファッションの本

BK_113

頁を開いて楽しむファッション。見ごたえ、読みごたえのある2タイトルをご紹介します。

 

BK_113a

UNION issue 8 ¥1,480+税(WEB SHOP

BK_113i BK_113j

BK_113o BK_113l

BK_113n BK_113p

時代を問わない美しさを追求する、クロス張りハードカバーのファッション誌『UNION』の最新号。

GEOMETRIC 荒木経惟 × 松岡モナ × ヴァレンティノ
COUTURE 奥山由之がモノクロで撮り下ろすシャネルのオートクチュール
BACK IN PARIS マーク・スタインメッツがパリで撮り下ろしたが今季のDior

など、フェミニンでクラシックなUNIONの世界観を表現しています。

BK_113b BK_113c

BK_113d BK_113e

今回の表紙は5種類。数冊ずつ入荷しています。issue 6、issue 7(WEB SHOP)も在庫あります。

 

vanitas004_h1_ol

vanitas No.oo4 ¥1,800+税(WEB SHOP

日本にはファッションの批評がないと言われている状況に一石を投じるべく創刊された『vanitas』。
狭義の批評におさまらず、研究者による論文、デザイナーによる試論、インタビュー、
海外のファッション研究の紹介などを掲載し、時間をかけながらも批評の構築を目指しています。

第4号の特集は「アーカイブの創造性」。
研究者やキュレーターによる論考からファッションデザイナーへのインタビューまで、
あらゆる視点からファッションにおけるアーカイブの現状と今後の展望を議論する。

 

BK_113g BK_113f

バックナンバーのNo.oo2、No.oo3も入荷しています。

vanitas No.oo2 ¥1,800+税(WEB SHOP
vanitas No.oo3 ¥1,800+税(WEB SHOP

 

どちらも心からファッションを愛する方にオススメです。

2015-10-09 | Posted in BOOKSComments Closed