BOOKS

グレアム・ミックニーさんのZINE

BK_115a

ウェブマガジンcolocalの連載「グレアムさんの神戸日記」も好評の

スコットランド出身・日本在住12年、Graeme Mcnee(グレアム・ミックニー)さんのZINE。

ざらっとした質感のわら半紙に二色のリソグラフ印刷。シンプルで親しみのある絵にぴったりです。

 

BK_115b BK_115h

神戸15 ¥1,200+税

2007年から神戸で暮らすグレアムさんが、「何もない静かな日に訪れるのにぴったり」という
オススメの15カ所を紹介してくれるガイドブックのようなzine。

BK_115c BK_115j

スコットランドのいろいろ1 ¥1,000+税

グレアムさんが故郷のスコットランドのことを知ってもらおうと
歴史、文化、生活習慣をわかりやすくまとめたコミックエッセイ。

BK_115f BK_115k

minimal comics ¥1,000+税

2011-2013の間に描いたとウェブで発表したシリーズ「Minimal Comics」の400本の中から
グレアムさんお気に入りの40本を収録。

BK_115e BK_115l

kumayama mountain, 1993 ¥700+税(WEB SHOP

修学旅行に森の中で迷子になってしまった子供たちを描いたショートストーリー。

BK_115g BK_115o

BK_115m BK_115n

Style And Fashion Zine 1 ¥1,500+税(WEB SHOP)

ロサンゼルスと大阪を拠点に活動するカートゥーンアーティストRyan Cecil Smithと共作した、
大阪の街の人々をストリートスナップのようにスケッチしたzine。

2015-11-11 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

世界のはじまり

BK_114a

『夜の木』の画家のひとりとして多くの読者を魅了し続けている

現代ゴンド・アートの第一人者バッジュ・シャームが、

中央インドのゴンド民族に伝わる創造神話の豊かな世界に分け入り、

人々の日々の暮らしに息づく数多の物語の本質をすくい上げ、

壮大なスケールで描き上げた画期的な絵本。

 

ギーター・ヴォルフが紡ぎだす詩的で端正な文章が、

青木恵都のみずみずしい日本語で訳出され、私たちを深淵な神話的世界へいざなう。

水がほとばしり出て、大気が渦巻き、大地が生まれ、時が刻まれる。

季節がめぐり、命が生まれ、芸術が誕生する。そして死が…。

しかし、終わりの後には新たな始まりがやって来る。

BK093b

BK093c

BK093d

インドのターラー・ブックスで出版された Creation (2014) の日本語版。
『夜の木』(タムラ堂)と同様に、南インドの小さな工房で、古布を材料とした手漉きの紙に、
シルクスクリーン印刷で刷られ、さらに手作業による製本で、1冊ずつ丁寧に仕上げられている。
手のぬくもりに包まれた、まるで工芸品のような絵本。(シリアルナンバー入り)

 

『世界のはじまり』(原題 Creation)のメイキング映像では
作者のバッジュ・シャームの生の声や、印刷や製本のプロセスを見ることができます。

¥3,600+税

WEB SHOP

2015-10-28 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

ファッションの本

BK_113

頁を開いて楽しむファッション。見ごたえ、読みごたえのある2タイトルをご紹介します。

 

BK_113a

UNION issue 8 ¥1,480+税(WEB SHOP

BK_113i BK_113j

BK_113o BK_113l

BK_113n BK_113p

時代を問わない美しさを追求する、クロス張りハードカバーのファッション誌『UNION』の最新号。

GEOMETRIC 荒木経惟 × 松岡モナ × ヴァレンティノ
COUTURE 奥山由之がモノクロで撮り下ろすシャネルのオートクチュール
BACK IN PARIS マーク・スタインメッツがパリで撮り下ろしたが今季のDior

など、フェミニンでクラシックなUNIONの世界観を表現しています。

BK_113b BK_113c

BK_113d BK_113e

今回の表紙は5種類。数冊ずつ入荷しています。issue 6、issue 7(WEB SHOP)も在庫あります。

 

vanitas004_h1_ol

vanitas No.oo4 ¥1,800+税(WEB SHOP

日本にはファッションの批評がないと言われている状況に一石を投じるべく創刊された『vanitas』。
狭義の批評におさまらず、研究者による論文、デザイナーによる試論、インタビュー、
海外のファッション研究の紹介などを掲載し、時間をかけながらも批評の構築を目指しています。

第4号の特集は「アーカイブの創造性」。
研究者やキュレーターによる論考からファッションデザイナーへのインタビューまで、
あらゆる視点からファッションにおけるアーカイブの現状と今後の展望を議論する。

 

BK_113g BK_113f

バックナンバーのNo.oo2、No.oo3も入荷しています。

vanitas No.oo2 ¥1,800+税(WEB SHOP
vanitas No.oo3 ¥1,800+税(WEB SHOP

 

どちらも心からファッションを愛する方にオススメです。

2015-10-09 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

ELVIS PRESSの新刊

BK_112b

名古屋のbook shop、ON READINGさんの出版レーベル、

ELVIS PRESSから2タイトル同時刊行で新刊が届きました。

 

どちらもペーパーバックの持ち運びしやすいサイズなので

行きつけのカフェでも、寝る前のベッド上でも、気軽に楽しめます。

 

BK_112c

(between) YOU & ME / 塩川いづみ ¥1,400+税(WEB SHOP

イラストレーター 塩川いづみさんの、飼い主とペットをテーマにしたポートレート集。
人と動物。時に相棒のような、子どものような、恋人のような、親友のようなかけがえのない存在。

「あなた」と「私」の間には、傍からみると笑ってしまうような濃密な時間と、
ふたりだけの物語が詰まっています。

 

BK_112d

This is Sports / 田口美早紀 ¥1,300+税(WEB SHOP

雑誌、書籍の挿画などで活躍中の大阪在住のイラストレーター、
田口美早紀(おたぐち)の作品集。

本作は、タイトル通り、スポーツがテーマ。バスケットボール、サッカー、
陸上、プロレスなどのシーンを、軽く二度見してしまうような
ユーモラスなキャラクターたちで描いたスポーツ図鑑的1冊。

 

塩川いづみさんが参加するプロジェクト、meme(ミーム)の日記スタイルの作品集には

リガで出会った人たちのポートレートや、旅の記録がたっぷり。こちらは土曜社さんから刊行。

BK_112f

3着の日記 memeが旅したRIGA ¥1,870+税(WEB SHOP)

2013年秋、meme(ミーム)の3着の白いドレスがラトビア共和国の首都リガへ旅立ちました。
滞在中、白いドレスに、が日記を記し、出会った人々の手でドローイングが描き足され、
リガの街を記憶する「3着のダイアリードレス」ができあがります。

このダイアリードレスをめぐる旅の記録を、
それぞれが作家としても人気のmemeが、絵と写真でつづります。

 

昨年7月に原画を展示させてもらったfancomiさんの作品集。こちらもELVIS PRESSから。

BK_112e

BOKU no HON / fancomi ¥1,200+税(WEB SHOP

想像、妄想によって生み出された「余白」のある数々の風景、イメージが洗練された
シンプルな線で描かれた「本」をテーマにした作品集。

「そこにあるはずの」「あるかもしれない」物や、事柄、物語を想像せずにはいられない。
はっきりとはわからない、だから ずっと眺めてしまう。いつまで眺めていても終わりのない、
イマジネーションの扉を解放する一冊。

 

自分たちが良いと思えるものをアーティストたちと一緒に、

「本」というかたちで表現している、かっこいいインディペンデントレーベルです。

2015-10-02 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

せとうち暮らし

BK_110a

瀬戸内海の島と陸をつなぐコミュニティ・マガジン『せとうち暮らし』。

島へ通い、自分たちの足で歩き、目で見て、聞いたことを紹介する。特別な非日常ではなく、

すぐ隣にあるもう一つの暮らしとして、普段着の島の暮らしをお届けしています。

BK_110b BK_110c

BK_110e BK_110f

vol. 16 特集:大人の夏休み
●小豆島で過ごす(香川県)/Home Wakersとめぐる、島のおいしいもの数珠つなぎ!
●宮島(広島県)/島の人に教えてもらったみんなが知らないもうひとつの宮島
●笠岡諸島(岡山県)/携帯の電源を切って、ハンモックで過ごす何もしない時間
○ せとうち暮らし編集部が教える「忘れられない島ごはん」
○ 島民の人たちおすすめの夏の過ごし方

¥917+税

 

 

2015-08-24 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

コトノネ

BK_111a

コトノネは、障害者の「働く姿」を通して、「生きるよろこび」を伝えたくて生まれました。

それは、誰にでもある「生きるよろこび」や「生きづらさ」じゃないか、と気づかれることでしょう。

BK_111b

BK_111c

BK_111d

この本には、「障害者」という文字があふれています。

「障害」があるのは社会だから、ほんとうは、「障害社」と書くべきなのですが。

また、障害者でなければ、健常者ですが、果たして「常に健やかなる人」はいるのか、とも、

大きな疑問を抱かれることでしょう。

 

この世には「障害者」も「健常者」もいない、おなじ人がいるだけです。

誰もが「生きづらく」、その中に「生きるよろこび」を求めて生きています。

そう信じて、コトノネをお届けします。(コトノネ vol. 15冒頭ページより)

 

vol. 15 内容紹介

コトノネグラビア 一芸一反百姓 特集 木更津の楽園

ぶっちゃけインタビュー11 作家・詩人 東田直樹 地下水が聞こえる

古民家カフェを訪ねて 日々木の4年間のできごと

[新連載]自然栽培パーティその1 「自然栽培の寅さん」が行く

過疎地を先進地にする、古本屋の社長 尾野寛明(合同会社エコカレッジ代表)

シリーズ 農と生きる障害者5 「利用者」も「支援者」もなく、

いつまでも働き暮らしていける理想の「かたち」を探して

シリーズ 障害者の就労事例14 タクシー運転手の星

 

¥780-(税込)

2015-08-24 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

今日も盆踊り

BK_109a

BK_109b

BK_109c

ミニコミ「恋と童貞」「野宿野郎」編集長 日本全国をおどり歩く。

秘境、奇祭、復活踊りに現代音頭、みんなたのしい盆踊り!

人見知り男子とリズム感不安な野宿女子が、なぜかはまった盆踊り。

各地の盆踊りの輪に入り、踊り好きの先達やあたらしく踊りをつくる人たちの話を聞き、

ますますその魅力のとりこになっていく。

読めばもっと知りたくなる、そしてきっと踊りたくなる1冊です。

 

フェスもいいけど、日本の夏はやっぱり盆踊り!奈良ではこんなイベントもあるみたいですよ。

¥1,600+税

WEB SHOP

2015-07-30 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

TOmagazine

BK_108a

『TOmagazine』は東京23区をテーマにしたハイパーローカルなシティカルチャーガイド。

今回の特集は世田谷区。”世田谷っぽさ”の正体を探る「世田谷感100<上編>」です。

BK_108b

BK_108c

BK_108d

坪内祐三、吉田篤弘、竹村卓、カジヒデキ、椹木野衣、ANI、加瀬亮、湯山玲子、石井光太、

エリイ、山本宇一、平野紗季子などなど豪華メンバー目白押し、企画内容も充実しています。

付録の佐内正史撮りおろし三軒茶屋ポスターは全14色。各誌にランダムで封入されています。

街と人を気持ちのいい距離感で捉えた、ガイドブックには載らない東京案内です。

¥1,800+税

2015-07-30 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

murren

BK_106

「街と山のあいだ」がコンセプトの『murren(ミューレン)』最新号のテーマは「壷と私」。

作家や編集者、料理研究家など、壷を愛でる人たちの、壷に対する思いやエピソード。

BK_106a BK_106b

BK_106c BK_106d

実用のためだったり、疲れたときにふと眺める存在であったり。

いくつかの壷と、その壷が生まれた山々。すべての壷は、どこかの山の風景と繋がっている。

そんな当たり前のことに改めて気づかされる特集です。

¥500+税

WEB SHOP

2015-07-26 | Posted in BOOKSComments Closed 

 

紋黄蝶

BK_107a BK_107f

BK_107b BK_107g

BK_107c BK_107j

BK_107d BK_107i

BK_107e BK_107h

ファッションブランド、ミナ ペルホネンのカタログ『紋黄蝶』の2015–16 Autumn / Winter Collection。

それぞれの素材が溶けあいながら重なる、長く煮込まれたスープが持つ「コク」 を感じさせる

コレクションの数々。写した服のボリュームに合わせて紙の厚さを変えており、

視覚に加えて触覚的にもお楽しみ頂ける一冊です。

ベルギーのダンスカンパニー「ローザス」の創設メンバーの一人でもある池田扶美代さん、

同じくベルギーを活動の拠点とされている船矢祐美子さんが、服を着ることから感じる心の高揚、

沸き上がる衝動を表現した姿が写しだされています。

池田さん、船矢さんの物語が右開きと左開きどちらも表紙として、それぞれ始まります。

写真:鈴木理策
モデル:池田扶美代、船矢祐美子
ヘアメイク:茅根裕巳(Cirque)
アートディレクション・デザイン:須山悠里

¥1,500+税

WEB SHOP

2015-07-26 | Posted in BOOKSComments Closed