EXHIBITION & EVENT

勝又公仁彦展 Right Angle + Remains

沈黙する、写真

あなたが写真の中にみているイメージ、それは現実に基づきながら、別の何者かに変化していないでしょうか? 現実と虚構、二次元と三次元。やわらかな陰影と輪郭は、わたしたちの目の前で静かに立ちあらわれます。

今回ギャラリースペースでは、東京、京都、大阪に続き本作「Right Angle」の展示を行います。併せて、勝又氏が13年前に広島と長崎で撮影し、その一部が当時雑誌に掲載されたのみでいた被爆樹「Remains」のデジタル媒体での展示も予定しています。


勝又公仁彦(写真家・美術家)
静岡県生まれ。京都府在住。早稲田大学法学部卒業。時間・光・場所などをサブテーマに、常に写真の構造に触れるコンセプチュアルな作品展開を続けている。主な受賞に日本写真協会新人賞など。東京国立近代美術館、沖縄県立博物館・美術館などに作品収蔵。主な展覧会に「勝又邦彦展」(六本木ヒルズクラブ)「都市の無意識」(東京国立近代美術館)「あいちトリエンナーレ2016」(岡崎康生会場)「写真都市展 ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」(21_21 DESIGNSIGHT,東京)など。京都造形芸術大学准教授・多摩美術大学非常勤講師。

会期:8/24(金)〜 9/9(日)

 

8/24(金)】アーティストトーク

勝又氏と親交のある小原真史氏をトークのお相手にお招きし、写真表現の面白さ、作品制作の背景などお話しします。


小原真史(キュレーター・映像作家)
1978年愛知県生まれ。広島県在住。早稲田大学文学部卒業。多摩美術大学大学院修了。「中平卓馬試論」で第10回重森弘淹写真評論賞受賞。監督作品に「カメラになった男ー写真家 中平卓馬」がある。IZU PHOTO MUSEUM研究員として「荒木経惟写真展 アラーキー」「宮崎学 自然の鉛筆」「増山たづ子 すべて写真になる日まで」「小島一郎 北へ、北から」展などを担当。著書に『富士幻景ー近代日本と富士の病』、共著に『戦争と平和ー〈報道写真〉が伝えたかった日本』『森の探偵ー無人カメラがとらえた日本の自然』など。東京藝術大学・東京工芸大学非常勤講師。

日時:8/24(金)19:30〜21:00(受付19:00より)
料金:1500円(1ドリンク付)
定員:25名
場所:READAN DEAT

【お申込み方法】
以下のコンタクトフォームに題名を「勝又さんトークイベント」として、メッセージ本文に
1. お名前 2. 参加人数 3. 電話番号 をご記入の上お申し込みください。また、お電話(082-961-4545)でも受付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記の内容で送信してよろしいでしょうか?
問題なければチェックをお願いいたします。

コンタクトフォームから送信できない場合、上記と同じ項目を以下のメールアドレスにお送りください。
info☆readan-deat.com  ☆は@に置き換えてください。

 

Sound Collaboration

今回の作品からインスピレーションを受け制作された、duenn 氏によるオリジナルの楽曲を、会期中店内のBGMとしてながします。


duenn
福岡在住。エレクトロニクス / コンポーザー。最小限の機材で、ミニマル的な作品を制作。国内外の複数のレーベルより数々の作品をリリース。画家黒田征太郎、写真家小松浩子等、 美術分野のアーティストともコラボレーションを繰り広げながら、アンビエントミュージックのさらなる拡張を目指している。2017年よりNyantora aka Koji Nakamuraとアンビエントイベント「Haradcore Ambience」共催。好きな言葉は一期一会。


BLACK HAT MAN
ユーラシアの平原に降り立ったシャーマニックマジカルザイン。神出鬼没。帽子が目印。多種多様な無国籍楽器を自在にあやつります。広島市内で見かけたら、声をかけてくださいね。

2018-07-22 | Posted in EXHIBITION & EVENTComments Closed